Article of attention

八千代市議会議員 こうの慎一が日々ふるさとへ恩返しする活動記録です
ふるさとへの恩返し!

ふるさとへの恩返し!

私は、大和田保育園から八千代東高等学校まで、ずっと八千代市で教育を受けてきました。社会に出てからも、創業122年の家業の畳店の4代店主として、八千代市 で仕事をさせて頂いています。 また、昨年結婚して第1子が誕生しました。 新たに家族が出来て、家族を幸せにする事に必要な事は、自らの原点であ るふるさとを良くする事と考えていますし、市議会議員として2期8年奮闘さ せて頂きました。 3期目にあたり、これからの日本、人口減少社会においては、最初に若年 女性が減少し、自治体が消滅する時代です。  つまり、これからは、生産年齢人口を増やし、税収を安定させる事が必要 です。 しかし、八千代市は、市庁舎を始め昭和50年代に建設した公共 施設の老朽化対策が遅れており、必要な施設の選択が重要になります。   また、人生100年時代に入り高齢者の社会保障費の増大に対応する為に、SIBなどによる効率的な政策も必要です。   世代を含めあらゆる市民の多様な意見をすくい上げる事が、議員の大切な役割だと思っています。  どうぞ、私の第3幕へご支援をお願い申し上げます。

2019年ラグビーワールドカップキャンプ地について

こうの慎一は八千代市のキャンプ地誘致の署名活動を行っております